マクブルームの長所と弱点

マクブルームの長所と弱点

2022年5月7日 試合前時点。

マクブルームの成績がこちら↓

・30試合出場

・打率.250

・出塁率.344

・108打数27安打

・2本塁打

・15打点

・四球15

・三振25

・得点圏打率.303

みなさん、今のマクブルームのプレーを見ていて、もうお気づきだと思いますが……

『彼は、ボール球を振らない』

正直、30試合終えて、打率.250で、2本塁打はかなり物足りない

でも、四球は15個もあり、三振は25で普通くらい。

彼が、ボール球を振らないのは、何故なのか?

そもそも、どういうボール球を振らないのか?

イメージですが、マクブルームは、

『アウトコース低めに落ちる変化球』

この誘い球は、全く彼は、振ろうとしません。

つまり、外の出し入れだけで、抑えようとすると、四球を与えてしまうという打者である。

と僕は思います。

じゃあ、何故振らないのか?

それは、

『ストライクゾーンへくる変化球を待っているから

これだと思います。

近年パワー系の外国人が多くいるNPBですが、ストレート一本に張って、一発長打はあるが、三振も多い、そんな外国人を数多く見て来ました。

エルドレッドは、そんな典型例であり、彼は、外の出し入れを苦手とし、甘いストレートは非常に強かったイメージです。

ですが、マクブルームはこの逆。

変化球タイミングでおそらく彼は、待っていて、

『ストレートに差しこまれ、振り遅れる』

彼が、アベレージを残す自信がある、そこを見てほしい、と来日時に語ったのは、

変化球に対応力がある

ということを言いたかったんじゃないでしょうか?

とりあえず、マクブルームは、セリーグ5球団の対戦が終わりました。

四球の多いマクブルームですが、

実は、阪神戦だけは、四球をいまだ一つも選んでいません。

打率=出塁率な訳です。

定量的と言えるほどの信頼出来るデータではありませんが、

19打席で19打数8安打で打率と出塁率.421

阪神の投手陣の四球の数は85はリーグベスト2位タイ。

WHIPの数値(走者を1イニングあたりに出す人数平均)は、1.19でベスト2位。

この数字から、考えられる仮説ですが、マクブルームは、

コントロールにまとまりがあるピッチャーは得意

反面。

『ストレートが速い投手や、荒れ球を投げる投手は苦手』

ではないかと思います。

さらに、面白い数字があります。

打席目別の成績です。

    打数ー安打   打率

1打席目 20-6  .300
2打席目 20-10 .345
3打席目 29-5  .172
4打席目 24-6  .250
5打席目 6-0    .000

先発投手は、四球が少なく、まとまりのある投手が多いです。

セットアッパーやクローザーは、球の速い投手が多く、三振の取れる落ちる球を投げる投手が多いです。

4打席目以降は、セットアッパーやクローザとの対戦が多いはずです。

平気で150キロ超をなげる中継ぎ、抑えが出て来ます。

マクブルームの課題があるとすれば、そういうピッチャーの

『ストレートを打つ』

というのが、今後の課題になっていくのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。